FC2ブログ

中国の話題をおっさんがFC2でつぶやくぞぃ!

中国の話題、事件や事故などのニュースをつぶやいてます。

 

経済

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光パネル材料の中国業界団体、政府に一段の輸入制限措置を要請

中国政府が輸入された太陽光パネルの材料ポリシリコンの一部に反ダンピング(不当廉売)課税を適用したことに関して、国内の業界団体は政府に対して輸入を制限するさらなる措置を取るように要請している。この団体の幹部が明らかにした。

中国有色金属工業協会シリコン業分会が問題としているのは、ポリシリコン輸入の60%以上を反ダンピング課税が適用されない加工貿易のための輸入が占めていることだ。独ワッカー・ケミー<WCHG.DE>や韓国OCI<010060.KS>などの外国企業はポリシリコンを中国に加工貿易の枠で輸出し、現地でそれを使い太陽光パネルなどを製造し、他の国へ輸出する。

政府が先週、米・韓国製ポリシリコンに暫定的に反ダンピング課税を適用したのに引き続き、同分会は商務省に再度嘆願書を提出した。同分会の幹部、Ma Haitian氏はロイターに電話を通じて「われわれは政府が加工貿易からポリシリコンを除外し、輸入品全てを反ダンピング課税の対象にすることを願っている」と述べた。

中国のGCLポリー・エナジー <3800.HK>や特変電工<600089.SS>などのポリシリコンメーカーは2008年の国際的な金融危機以来、外国政府が太陽光発電への補助金を減らしたことを背景に、製品価格の急落に見舞われた。

業界の複数幹部の話では、国内の太陽光パネルメーカーは、海外からの材料がより安価で良質なため、輸入品を好む。上半期の中国での太陽光パネル向けポリシリコン需要は6万9000トンとなり、そのうち4万1000トンが輸入品だった。中国には40社以上のポリシリコンメーカーがあるが実際に製造しているのは少数で、製造していても生産能力のほんの一部しか稼働していない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130725-00000105-reut-cn
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

tag : 太陽光パネル 太陽光パネルメーカー 中国加工貿易

安倍首相は最後まで笑っていられるか?日本経済の難題は山積み—中国メディア

参院選で大勝利を収めた安倍晋三首相だが、市場の関心はその経済政策「アベノミクス」の効果に向けられている。韓国紙・朝鮮日報によると、野村インターナショナル(ロンドン)のシニア政治アナリスト、アラステア・ニュートン氏は「安倍首相の本当の試練は7月22日に始まる」との見方を示している。23日付で人民網が伝えた。



安倍首相が推進する「アベノミクス」は今のところ、日本の金融市場に楽観的な雰囲気をもたらしているが、これからは消費税の引き上げや労働市場の改革など構造改革の“痛み”に直面することになる。

参院選翌日の22日、日本の金融市場にそれほど大きな動きは見られず、その日の日経平均株価終値は、前営業日比68円13銭(0.47%)高の1万4658円4銭だった。

アベノミクスでは現行5%の消費税を来年4月から8%に引き上げることになっている。だが、これにより復活の兆しを見せていた日本経済が再び大きな打撃を受ける危険性が潜んでいる。

日本政府自らも消費税が1%上昇すれば、GDP(国内総生産)成長率は0.5%下がると分析しており、国際通貨基金(IMF)や経済協力開発機構(OECD)は日本政府がこれを本当に実施するのかどうか、成り行きを見守っている。

政治的なスケジュールから考えれば、安倍首相は10月までに消費税引き上げに関する決定を下さなければならない。法人税の引き下げについても、海外投資家たちの関心が寄せられている。

ブルームバーグは22日、「安倍首相は法人税を引き下げ、労働規制を緩和して解雇しやすくすることで、国の債務減少問題を解決しなければならない」と指摘している。

朝鮮日報は「安倍首相は選挙での圧勝を契機に山積みの経済問題よりも、憲法改正などの政治問題の処理に集中するようになる。今後は政治的な右傾化に拍車がかかるだろう。これにより、日本と周辺国との関係はさらに悪化。外国投資家たちに日本株を敬遠されるようになるだろう」と分析している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-00000005-xinhua-cn
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村



tag : アベノミクス 経済政策 消費税上昇 参院選 国際通貨基金(IMF) 経済協力開発機構(OECD) 安倍晋三首相 日本経済 GDP(国内総生産)成長率

韓国現代自動車グループ、中国での販売が累計700万台突破

韓国の現代自動車グループはこのほど、中国での販売台数が累計700万台を突破したと発表した。傘下、北京現代の今年上半期の販売台数が51万842台、東風悦達起亜は27万6466台で、計78万7308台。前年同期比32.6%増の過去最多だった。科技日報が22日伝えた。


現代自動車グループは2003年に中国に進出。同年の販売台数は13万4223台だった。販売台数は2010年に100万台を超え、12年には133万台と成長。今年上半期までに北京現代の累計販売台数は462万6496台、東風悦達起亜は237万6025台となった。

上半期の販売増の背景には、中国現地化戦略と新車人気がある。北京現代では昨年、エラントラの新モデル「アバンテ」を発売。今年上半期にエラントラ、エラントラ悦動、アバンテの販売量が前年同期比52.7%増の21万7488台と大きく伸びた。

(編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130723-00000008-xinhua-cn
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村



tag : 中国 韓国現代自動車グループ 中国販売台数 北京現代 東風悦達起亜

最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。