中国の話題をおっさんがFC2でつぶやくぞぃ!

中国の話題、事件や事故などのニュースをつぶやいてます。

 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金のなる木」、「素養なし集団」...中国人観光客の評価は様々、80年代の日本人のように“少しづつ”正せばいい—中国メディア

中国人観光客に対する世間の見方はこうだ。スリにとっては大量の金品を持ち歩く“カモ”、現地住民にとっては騒がしくてルールを守らない“素養のない”集団。自分たちは異国の地で右も左も分からない“弱者集団”だと思い込んでおり、外国政府は経済を活性化してくれる“神様”扱いしている。5日付で中国網が伝えた。



中国人観光客の“グローバル化”が進むにつれ、各国から様々な“評判”が聞こえてくるようになった。財布をパンパンに膨らませた中国人客を呼び込むため、各国はビザの発給要件を緩和するなど、あの手この手を展開。だが、せっかく持参した大量の札束もスリに根こそぎ盗まれるケースも多発している。文化や習慣の違いから、現地住民にとってはあり得ない行為をしてしまい、反感を買うこともある。中国人は“郷に入っても郷に従わない”というレッテルまで貼られてしまった。だが、海外旅行に慣れていない人たちが嬉しさと興奮でつい大声を出してしまったり、羽目を外してしまうのは、何も中国人だけにみられる現象ではない。

日本人も1980年代は“成金”だと馬鹿にされていた。中国人もこれから少しずつ是正していけばよい。中国共産党中央精神文明建設指導委員会も中国人観光客のマナー問題を重視しており、先日開催された「中国公民の海外旅行におけるマナー・素養に関する電話会議」でも、マナー意識の向上と国の良好なイメージづくりが強調された。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130806-00000001-xinhua-cn
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






NETで流行の商品、お気に入りの商品探し>>
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。