FC2ブログ

中国の話題をおっさんがFC2でつぶやくぞぃ!

中国の話題、事件や事故などのニュースをつぶやいてます。

 
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正恩氏の権力固め 表面上は順調=韓国外交白書

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は16日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制について、「党と軍組織を掌握し表面的には安定して権力強化を進めてきたというのが一般的な評価だ」との見解を明らかにした。
 同部は同日発刊した「2013年版外交白書」を通じ、金第1書記は住民の経済的な生活改善と経済発展を強調したと指摘した。その上で、昨年発表された「経済管理改善措置」の施行を検討中だという見方がささやかれる中、具体的に施行されたという情報は伝わっていないと分析した。
 白書はまた、北朝鮮が「1970年代時代精神」や「自力更生」など過去志向的なスローガンを強調しながらも、目立った制度の変化はなく、平壌市の美化や遊園地整備など表面的な事業に資源を投じたと説明した。
 さらに、北朝鮮の核問題に関しては、国際社会の期待に反し核開発を続け、核開発の口実を米国の敵視政策に責任転嫁して核兵器運搬手段の開発を続けるほか、憲法序文の改正を通じ核保有国であることを宣言したと指摘した。
 続けて、2008年12月に中断した6カ国協議が2012年も北朝鮮の非協力的な姿勢により再開できず、北朝鮮の非核化という最終目標に近づくことができなかった点が悔やまれるとした。韓国政府は北朝鮮の追加挑発を抑制する一方、対話の門戸は開いておくという「ツートラック戦略」を堅持すると明らかにした。
 併せて、「北朝鮮の長距離ミサイル発射で昨年2月の米朝合意が事実上破棄され、米内部で北朝鮮との交渉再開に向けた勢いが非常に弱まった」と伝えた。
 そのほか、韓米関係における戦略同盟が深化・発展したと評価し、中国とは実質的な協力分野を中心にさまざまな成果を挙げたと説明した。また、日本については、独島問題などで厳しい状況に直面したと言及した。
 昨年1年間の国際情勢と韓国政府の主要外交政策および活動を収めた2013年版外交白書には、経済・通商外交強化、国際社会における韓国の役割拡大、国民に向けたサービス拡大などが盛り込まれた。
 白書は外交部のホームページに掲載されたほか、政府機関や在外公館、大学などに配布される。
sjp@yna.co.kr

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130816-00000039-yonh-kr
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






NETで流行の商品、お気に入りの商品探し>>
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。